ルート66 バイクハーレー

ルート66の歴史


廃線後

飛行機模型

国道66号線の廃線後、道路は様々な形に転用されました。沿道の多くの都市では、道路は州間高速道路を補完する通勤道路(business loop)となりました。州道、郡道、市町村道、私道となった部分もありました。道路としては完全に使われなくなった部分もありました。一方で、ミズーリ州スプリングフィールド・オクラホマ州タルサ間のように、保存されている部分も数多く存在します。現在でも、ルートの80%以上は緻密な計画のもとに車でたどることができ、 66という数字は各州の州道に引き継がれています。ミズーリ州道66号線、266号線、366号線はすべて国道66号線のルートでした。オクラホマ州道66号線は近くを通るターンパイク(有料道路)の無料のバイパスとしての役割を果たしています。また、郡道や市道でもこの66という数字を引き継いでいるものは少なくありません。



プロローグ
誕生と隆盛
衰退