ルート66 バイクハーレー

ルート66の歴史


衰退

飛行機模型
ドイツのアウトバーン

国道66号線の衰退への道は1956年、ドワイト・アイゼンハワーの連邦補助高速道路法に調印したことによって始まる。この法律は、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線においてアウトバーンを目にしたアイゼンハワーが、アメリカ合衆国にもそのような高速道路網を建設しようとして成立させたものでした。以後、この法律により、アメリカ合衆国内の主要な国道は次々に州間高速道路に置き換わり、国道66号線も例外ではありませんでした。
テキサス州においては、州間高速道路の建設にあたって訴訟沙汰になり、国道66号線を州間高速道路で置き換える計画が頓挫。この頃になると、国道66号線協会が地元産業界を代弁し、州間高速道路の建設反対を訴えるようになりました。州間高速道路は地上の道路とランプウェイでのみ接続する形であるため、道路の開通によるビジネスの機会につながりづらく、結果として産業の損失となるのではないかという懸念があったのです。
このような訴訟は有料道路以外ではあらゆるところで起こりました。いくつかの企業は国道66号線との関連性で有名だったため、66という番号を失うことを恐れ、ミズーリ州政府に国道66号線のセントルイス・オクラホマシティ間を「州間高速道路I-66」として制定することを求めましたが、州政府に拒否されてしまいました。
1984年、アリゾナ州ウィリアムズで州間高速道路40号線の完成により、国道66号線の最後の部分が置き換えられました。その翌年、国道66号線は正式に廃線となり、59年の歴史を終えました。



プロローグ
誕生と隆盛
廃線後