ルート66 バイクハーレー

ルート66 TOPルート66の歴史 → 誕生と隆盛

ルート66の歴史


誕生と隆盛

飛行機模型

アメリカ合衆国で初めて国道システムの設置が提唱されたのは1923年で、国道66号線は1926年に連邦最初の国道の1つとして創設されました。国道の設置にあたっては、国道番号を偶数とすることと、番号を60から始めることが提案に盛り込まれていました。アメリカ合衆国南西部を東西に貫くこの国道には、覚えやすく、言いやすく、聞きやすいという理由でゾロ目の番号66があてられました。


国道システムが正式に創設されると、1927年にオクラホマ州タルサで国道66号線協会(U.S. Highway 66 Association)が発足。この協会の目的は国道66号線の舗装促進、および利用者の増加を図ることをでした。翌1928年には、同協会のプロモーションの一環として、バニアン・ダービー(Bunion Derby)という競走レースを執行。これはロサンゼルスからニューヨークまで大陸を横断するもので、シカゴまでは国道66号線を走るルートになっていました。ウィル・ロジャースを含む著名人たちが沿道に応援に駆けつけるなど、プロモーションは成功。同協会は1976年に解散するまで、沿道の産業界側の窓口としての役割を果たしました。 交通量は日増しに増加。全体的に平坦な地形など地理的な条件にも恵まれ、トラック輸送には適した道路でした。1930年代には、土壌流出によりカンザス・オクラホマ・テキサス各州からカリフォルニア州へ移住する農家が西へと向かうための道としての役割を担う。小さな町村を縫うように走り、交通量も増加の一途をたどっていたため、沿道には各種商店やレストランなどビジネスを起こす機会にあふれていました。

第二次世界大戦中、カリフォルニア州で軍需産業が発達し、西への人口の動きはさらに加速。そうした状況下で、国道66号線は軍用品の運搬路としての役割を果たしました。国道66号線の近くにあったミズーリ州のフォート・レナード・ウッド陸軍基地(Fort Leonard Wood)は、軍の交通需要に応えるため、迅速に国道を拡幅。 1950年代に入ると、国道66号線の主な通行者はロサンゼルスへのバカンス客へと取って代わられました。この国道はアリゾナ州内においてもグランドキャニオンの近くを通り、バリンジャー・クレーターも人気の高い観光地でした。こうした観光需要の高まりにより、沿道にはモーテルや各種ショップが建ち並ぶようになりました。また、沿道ではドライブスルーの設置や、マクドナルドの登場など、ファーストフード産業も誕生。このような沿道の変化は、「ルート66」を単なる道路ではなく、アメリカ近代文化の縮図へと変貌させていきました。



プロローグ
衰退
廃線後