ルート66 バイクハーレー

ルート66 TOP → ルート66の歴史

ルート66の歴史


プロローグ


飛行機模型

オセージ・トレイルとミズーリ州道14号線
国道66号線の設置以前から、ミズーリ州内、セントルイスとスプリングフィールドの間にはオセージ・インディアン・トレイル(Osage Indian Trail)と呼ばれるネイティブ・アメリカンの古い道が通っていました。1800年代初頭、電報線がこの道に沿って引かれると、この古い道はワイヤー・ロード(Wire Road)と呼ばれ、後にこの道はオールド・ワイヤー・ロード(Old Wire Road)と呼ばれるようになりました。 1922年、この古い道はミズーリ州道14号線(Missouri State Highway 14)となる。この州道はセントルイス・ジョプリン間500km(319マイル)を結ぶもので、途中スプリングフィールドを経由し、ミズーリ州を東西に横断していました。また、この道はオザークス・トレイル(Ozarks Trails)の一部でもありました。なお、現在のミズーリ州道14号線(Missouri State Highway 14)は国道40号線(U.S. Route 40)の創設時に旧ミズーリ州道40号線が混同を避けるために名を変えたものであり、この道とは異なります。 この旧ミズーリ州道14号線こそが、後に「ルート66」と呼ばれ、アメリカ合衆国の歴史に残る国道66号線へとなる道なのです。



誕生と隆盛
衰退
廃線後