ルート66 バイクハーレー

音楽


ジャズのスタンダードナンバー

ボビー・トゥループ

"(Get Your Kicks On)Route 66"
1946年、ジャズピアニスト・作曲家のボビー・トゥループは、自ら国道66号線を走ってカリフォルニアへ赴き、『ルート66』という楽曲を書き上げた。楽曲のタイトルはトゥループの最初の妻、シンシアが思いついたもの。
歌詞はこの道を走っての旅へ誘う内容で、途中には沿線各地の地名が登場する。シンプルなリフを基調とする平易で親しみやすい曲調と、観光案内的で軽快かつコミカルな歌詞とが相まって広く好まれ、ナット・キング・コールの歌唱によるヒット以来、半世紀以上に渡って歌い継がれている。


その他の楽曲

"Songs of Route66"
カントリーバンド"Asleep at the Wheel"のドラマーDaveid Sangerのプロデュースによるルート66ソング集。テレビドラマ「ルート66」のテーマ曲、Bobby Troup の Route66 から Kevin Welch や The Red Dirt Rangers などのロックぽい曲まで幅広いジャンルを収録。


"Land of Enchantment"
シンガーソングライターMichael Martin Murpheyの1989年のCD。"Land of Enchantment" はニューメキシコ州の別名で、タイトル曲はニューメキシコ州のオフィシャルバラッド。Bobby Troup の "Route66" もカントリーっぽいアレンジ。またジャケット写真やイラストなどもルート66のイメージとなっている。


"Rough Sketches"
キングストントリオの John Stewart によるルート66ソング集。アリゾナ州セリグマンのスノーキャップドライブインの名物おやじ Angel Delgadillo に捧げた曲など、フォーキーに綴る11曲。